脱毛時の痛みについて

脱毛サロンで施術を受けるにあたって、次のような不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

「レーザー脱毛って痛いの?」・・。
結論から言いますと、レーザー脱毛は痛いです。

レーザー脱毛に痛みはあるものの、それは回を重ねるごとに緩和されていきます。
その理由としましては、いくつか考えられますが、まずは体が慣れてくる、ということが挙げられます。

多くの場合、痛みというのは、最初にピークがやってきます。
とりわけ、レーザーのような鋭い痛みの場合、一発目には体全体がビクンと波打つような、そんな激しい痛みに襲われます。
しかし、二発目、三発目と、回を重ねていくと、体が慣れてくるのに加えて、精神的な余裕も生まれるため、そこまで痛いとは感じなくなるのです。

また、施術を重ねていけば、徐々に毛自体が薄く細いものになっていくので、レーザーが当たる面積も徐々に狭まってきます。

つまり、レーザー脱毛の痛みは最初にピークがくるのであり、ココさえ乗り切ることができれば、あとはもう楽勝なのです。

ただ、どうしても痛みに弱いならレーザーを使用する医療脱毛ではなく、光脱毛を行うサロンを選びましょう。
立川市内にはどちらもありますので自分に合ったところが選べます。

>>立川脱毛はこちらへ

特に立川駅周辺は様々な脱毛サロンや医院があります。
駅に近いだけあってその通いやすさも大きな魅力です。

脱毛サロンの体験申し込みから本格施術までの流れ

脱毛サロンでお肌をツルツル、すべすべにしたいなら、まずはお試し体験を利用するのがベストです。
脱毛法がお肌に合わないケースもあるため最初から正式な申し込みをして料金を払うより、まずは無料お試しや低料金での体験コースを利用して、お肌に合うかや痛くないか、サロンは綺麗でスタッフは親切かなど、通いやすいサロンであるか確認をしてきましょう。
脱毛サロンというのは1回だけの利用ではなく、通常、毛周期に合わせて継続的に利用することになりますので、何度も通える雰囲気の場所かの確認が必要です。
体験ではサロンのサービス内容やコースなどについて説明を受け、お肌のチェックとパッチテストを行い、一定の選択肢の中から希望の部位の施術を実際に受けます。
サロンによって異なりますが、手の甲や脇の下などの1部位だけチャレンジができます。
お肌の状態は後日変化することもあるので、雰囲気が良かったとしても、その場で申し込まずに一旦判断を持ち帰りましょう。
2日、3日経過してもお肌に問題がなければ、正式申し込みに出向きます。
流れとしては、コースを決めて重要事故などの説明を受けて契約を行い、改めてお肌のチェックや希望などを確認するカウンセリングを受けます。
実際の施術は毛周期に合わせて行われますので、そのスケジュールを立てます。
1回目の施術を受けるにあたっては、サロンや施術法によっても異なりますが、少し長めに毛を伸ばすことが求められるサロンと、カミソリで自己処理をしてくることが求められるケースがあります。